2011年07月02日

今日は病院

脳炎を発症したロビンがプレドニゾロンを服用しているのは、皆さんすでに
ご存知のことだと思います。

今日はそのプレドがなくなるので、錦糸町のT病院まで行ってきました車(セダン)

F1010755.JPG

思ったより時間がかかってしまい、病院に着いたのは診療時間ギリギリの
12時ちょい前あせあせ(飛び散る汗)

が・・・土曜日のせいか、待合室は満員顔(え〜ん)
しょうがないので、今日は外で待つことに。
曇ってたからそんなに暑くなくてよかったダッシュ(走り出すさま)
途中で中に入れたけど、結局1時間待ち顔(汗)


院長にどう?と聞かれて特別何もないことを告げると、「切るか」と。
そして、誰にでもないけど「アレ出してー」

受付にいた先生が「アレって・・アレってなんだ?」って。
そりゃそうだよねー、アレじゃわからないって顔(イヒヒ)

アレはCT写真のことだったんだけど、それを眺めながら、
院「ここの白いのが気になるんだよねぇ・・・」

あ「この白いのってなんですか?」

院「炎症が起きてる可能性があるところだよ。延髄に近いんだよなー」

結局その白い部分は頭の中のことなので、はっきりとはわからないんだけどね。
でも、症状がないから薬を切ろうってことになりました。
今も5mgの1/8錠を3日に1回という少量の服用だったしね。


プレドを切って何か症状がでるのかも聞いてみたけど、それもわからないとのことでたらーっ(汗)
前みたいにフラフラするかもしれないしね、と顔(汗)
薬は切るけど「何かあったらすぐ連れて来てよ」ってことです。

T病院は24時間連絡がつくし、ホントに何かあってもそこは安心材料なんだけどね。

ってことで、今日は体重測定のみで終わり顔(イヒヒ)
体重は4.15kg。
院長に前よりも痩せた?って聞かれて、カルテの最初に書いてあった体重を見たら、
当時は4.3kg。
これでも、ちょっと前に油断してたら4.02kgぐらいまで落ちてたから、最近ごはんを
増やしてちょっと増えたんだけどね。
あたしは飼い主だから体重の増減は把握しているけど、院長よく覚えてるなーClap
たまにしか行かないのにね顔(ペロッ)

なので、院長が「今日はお金いいよ」って。
普通だったら再診料とか取るのにねー、逆に申し訳ないけど、そこが院長なんだよねGood

2.jpg

ってことで、しばらくT病院に行くこともなくなっちゃったなー。
院長に会えないのはちょっと寂しいかも顔(ペロッ)

ニックネーム あきんこ at 21:03| Comment(11) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

久しぶりの病院

風邪の調子も大分よくなったあきんこですわーい(嬉しい顔)
ご心配頂いてありがとうございましたるんるん
風邪の影響で、喘息との闘いが始まりそうですが・・・顔(汗)


さてさて、今日はロビンの服用しているプレドニゾロンがやっと(?)なくなるところまで
来たので(笑)、薬をもらうのとついでにフンのことも聞いてこようと
都内のT病院まで行ってきました。

P1000976.JPG

そんな本日は、隅田川の花火大会夜
隅田川には午前中から場所取りの人がたくさんいましたよ。

P1000969.JPG


約3ヶ月ぶりぐらいのT病院は、院長診察。
待合室で待っているときに、「おぉ〜、久しぶりに院長の声るんるん」とか思っちゃったり顔(イヒヒ)
(あ、ちなみにいつもの怒鳴り声じゃないですよ〜・笑)

待合室がいっぱいの割には、思ったほど待たずに呼ばれて診察室へ。
院長は以前に取った脳波のデータをしばらく眺めて「どう、調子は?」
変わりがないことを告げると、ロビンの目を見つめて「目もキレイになってきたしな〜」
そのあとで「歩いたり走ったりするときに斜めになったりしてないか?」

実は、ロビンは昔から走るときにちょっと斜めになってることがあるんですね。
そのことを話したけど、院長はとくに変わった様子もなく・・・
以前に渡したMRIのコピーを見ながら、「壊死性脳炎かもなぁ・・・」とつぶやく院長。

壊死性脳炎?

う・・また新しい病名がたらーっ(汗)
すかさず「それって進行性ですか?」と院長に投げかけると、
「進行性じゃないよ。壊死性なら、細胞が死んじゃえばそれで終わりだからね」

MRIに写るものが腫瘍なのかなんなのかは、やっぱり判断がつきにくいみたいだけど、
今までの経過を見ての院長の新たな診断でした。
院長曰く「小脳の細胞なんて死んでもかまわないんだよ」とまで顔(汗)
相変わらず口の悪い言い方だけど、そのことは以前かかってた病院の先生からも
聞いたことあったので、特に驚きもなかったかな顔(ペロッ)
そのへんのことはこの日の最後の方に書いてあります。

またひとつ安心の種が増えたかもるんるん

そして、もうひとつ気になっていたフンが軟らかいこと。
最初にそのことを話したら「さっきの見る限りはそんなに緩くないだろう?」と院長に
言われ、続けて「この時期、人間だって調子悪い日があったり色々なんだからそんなに
気にしなくてもいいかもよ」と言いながらも、ちゃんと検査はしてくれます顔(イヒヒ)

検査結果を待合室で待ち、しばらくすると中から院長の呼ぶ声が。
中に入ると「酵母がでてるよ。酵母。真菌酵母。フードあげた?」と聞かれて、すぐに
思い当たることが浮んだたらーっ(汗)

一時期与えていた発酵素。きゃどっ●だ・・・・バッド(下向き矢印)

「もうやめたんですけど、一時期発酵素あげてましたふらふら
怒られるかと思いきや、院長は「犬の腸内細菌のデータなんてないんだよ。ペット用なんて
書いて売ってるものなんて、あげない方がいいんだ」って。
なんでも、人間用になる前にペットで実験するものもあるとか・・・

腸内に真菌がいるとフンが緩くなるそうですふらふら
ちなみに、真菌酵母を腸内からなくす薬もあるけど、かなりいいお値段だとかあせあせ(飛び散る汗)
真菌酵母は簡単にはいなくならないけど、フンが緩くなるぐらいで
特に大きな問題ではなさそうなので、とりあえず様子をみることにしましたもうやだ〜(悲しい顔)

「とりあえず整腸剤だしとくよ」と言われて、がっくりなあたしもうやだ〜(悲しい顔)
ロビンのフンが緩いのはあたしに責任があったんだもんな〜、
落ち込みますよバッド(下向き矢印)


まぁでも、原因がわかってよかったかな顔(ペロッ)


ロビンは帰りの車(セダン)ではお疲れだったみたい顔(イヒヒ)

P1000980.JPG


でもって、今日のスカイツリー。

20100731.jpg



今日は文字ばっかりの長文でスイマセ〜ンふらふら






おまけ
ニックネーム あきんこ at 23:10| Comment(12) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

診断が下りました

今日はロビンの脳波を取る日。
午前中に来てくださいと言われていたので、診療時間の10時少し前に病院に到着。
すでに待ってる人は何人かいて、その後にも続々と来院があり、待合室はすぐに満員たらーっ(汗)
外で待つ人もいるのはすでに見慣れた光景。
30分ほどの待ち時間で呼ばれる。
意外に早かったグッド(上向き矢印)

最初に院長の診察があり、その後脳波の検査へ。
待っているのかと思っていたら、夕方5時から7時の間にお迎えにきてくださいってあせあせ(飛び散る汗)
えーexclamationそれ聞いてないしもうやだ〜(悲しい顔)

まぁでも、他にも用事があったので、用を済ませてファミレスで一人ランチレストランバッド(下向き矢印)
さらにその後にも用を済ませたところで予定終了たらーっ(汗)
5時まで、まだ3時間もあるよ顔(なに〜)

最後1時間半は駐車場の車の中でお昼寝&TVを見る顔(汗)
待ちきれないので、5時少し前に待合室に・・・

呼ばれて、診察室に入り、脳波の印刷された紙を眺めて、最初の院長の言葉は
 
『脳炎だね』

T病院で初めて院長の診断が下されました。
脳波はてんかんのものではなく、明らかに脳炎のもの。
そして、今の状態だったらいつてんかんがおきてもおかしくないと。

脳炎の気になることも質問してみた。
今後進行していくのか?再発の可能性は?
院長の説明は以下の通りでした。


パグ脳炎(院長は肉芽腫もパグ脳炎とまとめて言ってますたらーっ(汗))は進行性だけど、
今は症状ないでしょ?と。
再発はない。再発があるのはジステンパーだけ。
ジステンパーは遅く進行する脳炎なので、ジステンパーの場合は8年後ぐらいに再発する。
でも、ジステンパーはワクチンうってるんでしょ?とも。
もしかしたら仔犬の頃に感染してるのかもしれないが、ワクチンをうってしまうと
わからなくなってしまう。
脳の中に入ってしまったウイルスは確認することは不可能。
なので、ワクチンをうった子に検査をしてもジステンパーが陽性になることはないので、
ジステンパーと診断することは不可能。

ちなみに、パグ脳炎の場合は、いかなる治療をほどこしても、必ず亡くなるそうです。
今生きているということは、最初の診断が間違っていた、ということ。

院長は20年も前から、女子医大の脳神経の先生方と一緒に脳の病気を診てきたそうです。
もちろんMRIなどない時代。
MRIでの診断などない時代から、ずっと脳の病気をみてきたんだ、という自負が
院長の自信に繋がっているんだと思いました。
そして、MRIが動物の診断にも導入されて、今まで脳神経の「の」の字も知らなかった
人たちが診断する。
だから、間違った診断が多いんだと。

その結果として、ステロイドの長期投与による副腎への副作用。
ロビンも飲んでいるプレドニゾロンは1ヶ月の投与で副腎が働かなくなるそうです。
そして、働かなくなった副腎は二度と働くことはない。副腎皮質ホルモンが分泌されなく
なってしまうので、外から供給してあげる。
つまり、ステロイドは一生飲み続けなければならない、ということです。
名前は忘れちゃったけど、他の2種類のステロイドもあげていて、その2種類は
それぞれ1週間、2週間の服用で副腎が働かなくなるということでした。
むやみにステロイドを投与すると、損なわなくていい健康までも損なわれて
しまうのです顔(え〜ん)

ロビンの場合、1/4錠を1日おきで多飲多尿がでていないので、このままの量を
飲み続けるそうです。
これ以上減らすのは、やめておいたほうがいいということでした。
前回の診察のときとはちょっと内容が違うけど、脳波を取った上での、院長の
診断を初めてくだしたということです。

ちなみに、ステロイドを切るとホルモンが分泌されなくなるので、アジソン病に
なるそうです。


てんかんに関しては、発作がでたら薬を出すとのことでした。

『てんかんで死ぬことはないむかっ(怒り)


力強く言われちゃいましたたらーっ(汗)


今まで一番気になっていた、脳炎の進行、再発に関して院長がきっちり説明してくれたので、
心のモヤモヤが一気に晴れましたわーい(嬉しい顔)

今後のロビンに起こりうることは、とりあえず「てんかん発作」のみということです。



院長が今日話してくれたことの中に、大学病院での検体の協力はわずか5%。
T病院では70%もの協力があるそうです。
脳の病気は亡くなって、解剖して初めて解明されるものだそうです。
大学病院では夜帰宅し、朝出勤する。だから、夜のうちに亡くなりました・・・という
ことも多い。
T病院では、重症患者がいるときは明け方までカンファレンスが続いたり、も多いそうです。
もちろん、先生が誰もいなくなることもないです。

それだけ熱心に診ているんだ、と院長のアピールでした顔(イヒヒ)

でも、そのあとに、15年ぐらい先かもしれないけど、そのときはロビンの脳も
提供してほしいと(苦笑)

解剖して病気を解明していかないと、獣医学は進歩しないときっぱり言ってました。
もちろん返事は「はい。」です。

飼い主としては辛いところですが、それで将来同じような病気の子の治療に
役立つなら・・・
不幸な子が少しでも減るように。


ただひとつ・・・院長がどうしても納得いかないのは、2歳2ヶ月という年齢で
脳炎を発症したということ。
普通に考えると、絶対にありえないということだそうです。

それを聞くと、もしかしてやっぱりどこかでジステンパーに感染しているのでは?
という疑問が残りますが、先述したように、それは解剖しないとわかならいところ
なので、もしジステンパーで再発が起きたとしても、心残りはないかもしれません。

信頼できるT先生に出会えたことは、あたしにとってもロビンにとってもとても
プラスになってます。


そんな1日だった今日、ロビンは・・・

P1000533.JPG

P1000534.JPG



これは、病院の近くから見える、新東京タワーのスカイツリーるんるん
完成したらすごい大きく見えるんだね。

P1000530.JPG


ちなみに・・・
ニックネーム あきんこ at 23:20| Comment(14) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

2度目の病院

お天気のよかった昨日、都内のT病院に2度目の受診。


その前にお友達の飼育係さん&なごむくんと待ち合わせてランチの予定レストラン

少し早く到着したので、ロビンと近くの公園をお散歩犬(足)

錦糸公園.jpg


今日はコンデジを忘れてしまって、すべて携帯で写真を撮る羽目にふらふら
病院だし、電車でキャリーバッグを抱えて・・なので、デジイチは出番がないな、
と思っていたら、コンデジの存在までもすっかり忘れていたたらーっ(汗)


約束の時間にお店に向かい、飼育係さん&なごむくんと合流るんるん
錦糸町ではいつものTERZO3さんでランチグッド(上向き矢印)

lunch.jpg


お腹も満たされたところで、日曜日は午後診療だけのT病院へ・・・
途中、予定外に診察を受けに来ていた、ち〜ぼ〜さん&モモ様・ビワさんとも合流。

お友達.jpg

調子の悪いなごむくん、元気に振舞っていたけど、待合室ではやっぱりちょっとぐったり・・・
笑顔の写真のモモ様も緊張の面持ち。
付き添いのビワさんは、病院に来てるという気持ちから、一緒に緊張?


順番を待つこと数組、ロビンの順番に。
今日は院長ではなく、別の先生。
穏やかな落ち着いた先生。

・・・・ロビンのカルテを見て、「ん?どうなってるのかな?」って。
前回はほとんど何もしてないので、カルテにはなんの記載もなく顔(汗)

MRIの画像のコピーは一緒になってたので、前回院長に診てもらって・・・
と説明をしていたら、院長がきて「1回脳波をとらないとわからないよexclamation
と相変わらずの口調でどんっ(衝撃)

T病院では、今までの経緯を話しただけで、なにも検査等していないから、
現状を把握するために、次回脳波を取ることにたらーっ(汗)


そして、一番気になっていた今後。
以前の病院の先生では、経験がないからはっきりと聞くことができなかった、
どんな風になっていくのか・・・
聞くことは怖いけど、そのときが来ても慌てずにいられるように、
そこが一番知りたかったこと。

院長の説明では、MRI画像の白い部分(炎症の部分?)は、これから脳細胞が死んで
いくから、空洞になっていくとのこと。
そうすると、てんかん発作が出てくる。

てんかんはいずれ必ず出てくるということだった。


一瞬、頭に石が落ちてきたような衝撃はあったけど、知りたかったことを聞けて
落ち着けたかな。
今は調子がいいけど、この先どんな風になっていくのか、そこは今までの先生では
聞けなかったこと。
てんかん発作がいつぐらいにでるのか・・・それは脳波をとっていけば、ある程度の
予測はつくらしいことも言っていたような?

てんかん発作をおこしても、頑張っている子はたくさんいる。
てんかん発作の予防を今後視野にいれることもできた。

ショックはあったけど、新しい収穫。


やっぱりT病院に行ってよかった。
今はT先生を、T病院の獣医さんを信じて頑張るのみ。


ちなみに、脳にまわることのないステロイドは、症状がない今は少しづつ減量して、
最終的には「切る予定」という院長の言葉。


皮膚のカサカサのことも今回は忘れずに聞いてみた。
先生が状態をみて、「結構ひどいねぇ・・・」と。
でも、ステロイドでこういう状態にはならないし、皮膚も赤くないから、病的な
ものではなさそうとのこと。
食事のことを聞かれ、近くに院長がいたので、思わず小声に(笑)
でも、しっかり聞かれていて、「サプリなんて全く意味がないんだよ」と怒られるあせあせ(飛び散る汗)
オイルのことも聞かれたけど、1日の量をはっきりと答えられず顔(汗)

先生のお話では、もしかしたらオイルが過剰なのかもしれないということで、
とりあえずオイルを一切やめてみて、ということに。
毎日少量でも、やはり蓄積されていくと悪影響がでてくることはわかっているつもりでも
オイルにあたしの考えは及んでいなかったバッド(下向き矢印)
とりあえず、消去法で1つずつ原因解明してみます。


皮膚が落ち着いたら、オイルは少しずづ、さらに量を考慮して再開はすると思うけど、
それまでは様子を見てみよう。


とりあえずは、今週末に脳波とりに行ってきますパンチ



ニックネーム あきんこ at 11:28| Comment(8) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

拍子抜け

今日は出勤のあきんこですバッド(下向き矢印)
今日はこのお方も一緒です犬(笑)


同伴.JPG

最近はキャリーバッグも好き♪.JPG


今日は錦糸町にあるT動物病院へ行くために、一緒に出勤しました。

T動物病院は通っているお友達も多く、院長のT先生はとても熱心な先生らしいです。
そして、とても怖いという噂ですふらふら

みんな最初はかなり怒られると聞いていたし、満員の待合室で待つ間も
前に治療を受けている飼い主さんたちが、たくさん怒られているのも聞いていて、
あたしは何言われるんだろう。。と密かにドキドキしてました顔(ペロッ)

怒られているといっても、不条理なことを怒るわけではなく、あくまでもワンコやニャンコの
ことを思っての先生の愛情です黒ハート

でも、話を聞いていて、あたしはこの先生嫌いじゃないな。。。どっちかと言うと
人間的に好きかも、なんて思ってました(笑)


さてさて。。。待つこと1時間以上。
待合室もそろそろ空いてきたかな、という頃にようやくロビンの順番です。

8月に撮ってもらったMRIの画像のコピーをもらってきて、それを持って相談に
行きました。
まぁ、セカンドオピニオンみたいなものです。

画像を見て、当時の症状などを聞いた院長先生は、怒鳴ることもなく
きっぱりと以前の診断を否定しました。

そして、肉芽腫性髄膜脳炎だったら、とっくに死んでるよ、とたらーっ(汗)
(この先生、口が悪いとも評判です顔(イヒヒ)

肉芽腫性髄膜脳炎やパグ脳炎だったら、やっぱり回復は難しいようです。
なので、最初の診断が間違っていると・・・
ここはいつもこういう診断をするって言ってましたたらーっ(汗)
(MRIを撮りに行った画像センターです)


先生いわく、脳炎には違わないが、肉芽腫やパグ脳炎ではないとのことです。
通っているお友達からも、そもそも最初の診断が間違ってるって言われるかもよ(笑)
なんて言われてましたが、まさにその通りです顔(え〜ん)


この先生の診断が100%ではないとは思いますが、脳外科や脳神経については
臨床経験も多いらしく、評判のよい先生です。
医師がきっぱりと診断を下せるのは、経験が豊富だから・・・それはとても理解できます。
あたし自身も医療従事者で、自分や今までかかわってきたドクターを考えても
自分に経験が少ないものはここまできっぱりと言い切れないのは知っています。
その点からも、やっぱりT先生は信頼のおける先生だと思います。
(あたしの周りにもこういうドクターってなかなかいなくて、唯一、今の勤めている
歯科医院の院長は口調は柔らかいけど、まさにこのタイプ)


心配していた白血球の数値も、ステロイドの副作用ということです。
ステロイドを服用していれば、当然数値は高くなるので、それが即炎症という
ことには繋がらないようです。
(と理解しましたが、間違ってますか?飼育係さん(笑))

以前にも同じような病気の子を診たときには、明らかにステロイドの副作用で
おかしくなっているから、ステロイドを切ったということも言ってました。
脳炎でも、症状によってはステロイドは必要ないということです。

胸のつかえが一気に取れた感じですぴかぴか(新しい)


免疫抑制剤のことで、薬の名前がわからないと言ったら、そのことでは怒られました
けどねー(笑)
薬の名前もわからずに飲ませてるのかむかっ(怒り)って。
人間で薬の名前がわからずに飲むなんてことはないだろう?って。
ハイ、確かに先生のおっしゃる通りですふらふら


まぁでも、あたしは周りのお友達からたくさん情報をもらっていたせいか、
ほとんど怒鳴られることなく終わってよかったですGood
ちょっと拍子抜け顔(ペロッ)


無事に病院も終わり、ご一緒していただいた、飼育係さんとなごむくんとレストランへ。

なごむくん.JPG

以前にも行ったTERZO3さんはあいにくいっぱいだったので、駅前のツバメグリルの
テラス席へ・・・

つばめグリル.JPG

イルミネーションがキレイでしたよぴかぴか(新しい)

飼育係さんから、こんな可愛いクッキー頂いちゃいましたグッド(上向き矢印)

くまさんクッキー.JPG


なごむくんもロビンもウマウマな匂いに落ち着かない様子。

なごむくん2.JPG


そして、この人は・・・


すかしてます.JPG

実は、かなりすかしてますが、ずーっとおねだりワンワンで大変でしたあせあせ(飛び散る汗)
今日はかなりしつこかったです顔(え〜ん)

飼育係さん、ご迷惑おかけしました〜ふらふら


ニックネーム あきんこ at 00:00| Comment(14) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

パッドの毛

毎日忙しいあきんこですあせあせ(飛び散る汗)

昼も夜も1時間ずつぐらい仕事が延びてる・・・
せめて昼休みぐらいまともに欲しい〜もうやだ〜(悲しい顔)
(あ、ちなみに昼休みは1時間半あります)


さて、病気をしてからのロビンですが・・・
胸やお腹の毛が薄くなるのと同時に、パッドの毛も全然伸びなかったんですたらーっ(汗)
8月から今まで、一度もカットはさみもしていないのに、
カットをしていたときよりキレイなぐらいにツルツルどんっ(衝撃)

ところが、ココ最近のパッドの毛は・・・

パッドの毛.JPG

なんと、4ヶ月ぶりに毛が伸びてきましたClap


これも良くなってきた兆しかな?


そんなロビンは、さっきテーブルの上に母が半分残しておいたシュークリームを
こっそり盗み食いパンチ

シュークリーム盗み食い.JPG


もちろん怒られて、今は逆ギレで座布団にマウンティング中顔(イヒヒ)

暴れん坊.JPG

ニックネーム あきんこ at 22:34| Comment(4) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

検査結果

昨日はロビンの病院病院へ。


年内いっぱいにやればいいでしょうと言われていた血液検査を、薬を早く減らしたい
ということで、急遽昨日やることにあせあせ(飛び散る汗)


気になる肝臓の数値は・・・

ALT 267右29(基準値17〜78)
ALP 1048右12(基準値47〜254)
GGT 69右1(基準値5〜14)

と落ち着きましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
基準値より数値の低いものは特に問題はないみたいです。

前回少し貧血気味だったものも改善されましたるんるん


と、ここまではよかったのですが、白血球の数値がよくありませんでしたバッド(下向き矢印)

病気になる以前の白血球数は13600だったのだけど、発症後、ステロイドを大量に
投与していたときの値が30700。
薬が減量された昨日は30400たらーっ(汗)
白血球数が高いということは、どこかで炎症が起きているという目安です。
見た目は元気だけど、まだ脳には炎症があるのかもしれませんもうやだ〜(悲しい顔)

今はとくに問題もなく元気に過ごしているので、様子をみましょうということです。


このまま何もなく過ごしてくれるのを祈るだけですふらふら


一昨日はお留守番で昨日は病院でストレスもたまっているだろうから、
今日は新規開拓の公園に行ってみました車(セダン)

新規開拓?.JPG

アヒルさん.JPG


でも、初めての公園だからか、ロビンは・・・

臭いかぎ.jpg

終始臭い嗅ぎに専念でした顔(イヒヒ)
ニックネーム あきんこ at 20:28| Comment(16) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

副作用

以前にも書きましたが、ロビンが飲んでいる薬はステロイドですくすり


最近、どうやら長期投与による副作用がでてきたようですたらーっ(汗)


最初は乾燥してるのかな〜?なんて思ってたし、獣医さんも薬のせいもあるけど、
冬になるとこういう子はいるよ、ぐらいな感じで『保湿してあげて』ということだったけど、
ステロイドの副作用を調べてみると、薄毛になったり、皮膚が薄くなって皮が
剥けてフケのようになることもあるとか・・・

     下

     下

     下

     下

     下

薄毛.jpg

カサカサ.jpg


まさしく副作用そのものでは?あせあせ(飛び散る汗)
(ちなみにカサカサは胸とおなか一帯)



とりあえず、保湿剤をつけてあげているとカサカサはおさまるけど、スプレーで
シュッとやるから、冷たくてそのたびにビクッとするロビン顔(イヒヒ)


そして、最後は・・・

撫でて.jpg


おねだりくんです。 
ニックネーム あきんこ at 22:32| Comment(17) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

病気のこと

8月に肉芽腫性髄膜脳炎の疑いという病名を告げられたロビン。
あれから約3ヶ月が経とうとしています。

薬が効いてくれて、減量もいまのところ順調にいってますわーい(嬉しい顔)
今週から、ステロイドが教科書的には一生飲み続けても大丈夫と言われている
量にまで減りました。(プレドニゾロン5mg1/4錠を1日1回、1日おきです)



1.JPG



でも、あたしの中にある1つの心配。
ネットで調べてもいいことは書いていないし・・・
今後どうなるんだろう?
その不安はずっとついて回っていました。


先週、病院病院に行ったときに、先生に疑問に思っていることを
聞いてみました。
いつもは午前中に行く病院だけど、この日は夜に行ったので、他の患者さんが
いなかったからね顔(ペロッ)



2.JPG



この病気に完治はあるのか?という疑問。
先生の回答は以下下のようなものでした。


腫瘍や癌などに用いることが多いようですが、完治と言う言葉は使用しないそうです。
こういった病気に関しては“寛解”という言葉を使うそうです。


先生の説明がとてもわかりやすかったのだけど、例えていうなら白血病。
俳優の渡辺謙さんが白血病になったのは、みなさんご存知だと思います。

彼は、この寛解に至ったあと、再発なく過ごしています。
人間の場合は、5年寛解が続くと、ほぼ治ったとみていいでしょうということです。
彼の場合は10年以上経過して再発がないので、おそらく今後も再発の可能性は
きわめて低いでしょう。。ということです。

逆に、同じ白血病でお亡くなりになった本田美奈子さん。
彼女は一旦寛解になったけど、その後再発してお亡くなりになったということでした。

ワンコの場合は、身体も小さいので、寛解が半年から1年続けばほぼ治ったとみて
いいでしょう。。ということでした。
ただ、そこから先、再発の可能性がないわけではありません。

寛解が1年続いたとして・・・そこから先、薬を続けるかやめるか。
そこはワンコの場合、飼い主さんの判断になるわけです。
もちろん、飲み続けても問題ない量なので、安心のために一生飲み続けるのも
ひとつの選択です。
身体にまったく害がないとは言い切れませんが・・・
それと、この病気は自己免疫疾患なので、落ち着いている免疫系を狂わせないためにも
薬の服用を続けることもあるようです。

ロビンの場合はこの薬はステロイドにあたるのですが、その判断をするのに
MRIの再撮をするとより確実になるということです。

でも、MRIを撮るのには全身麻酔が必要です。
全身麻酔のリスクもありますが、MRIを撮影して病巣が消えてなければ・・・

薬の効果でとりあえず症状が治まっているというわけです。
その場合、再発の可能性も当然高くなるのです。
そのときは、当然別の覚悟も必要になってきます。


一般的に、この病気に罹患した子は寛解が続いても、2〜3年で再発することが
多いようですもうやだ〜(悲しい顔)


今は順調に回復しているけど、まだ3ヶ月です。
今後も再発の可能性もあるし、寛解が続いたとしても・・・
その先をMRIで確認するのはとても怖いです。
もしも。。。を考えると。
(MRIの再撮は、するのであれば1年ぐらい寛解が続いてからでもいいと思ってます。
撮影するかどうかは、ずっと悩み続けると思うので、撮影しないかもしれないです。)


でも、あたしは渡辺謙さんを目指したいんです。
そのために、たくさんの知識が欲しいんです。
もちろん、最初の目標は再発の多い2〜3年を無事に乗り切ることです。

まず最初は、ごはんを生食に変えるところから勉強しました。
生食はたくさんの生食先輩のお友達に支えられています。
次の機会には、本村先生のセミナーにも是非参加してみたいです。

そして、ホリスティックケア。
ワクチンについても世間に促されるのではなく、しっかり理解していきたいと
思っています。
(この部分はまだまだ勉強不足ですが・・・)
内面から健康になることで、病気なんてやっつけてしまえパンチ
ということです。


時々、肉芽腫性髄膜脳炎で検索されてここにたどり着いている方がいます。
わが子が同じ病気にかかったときに、少しでもみなさんの目標になれるように
ロビンにはいつまでも元気で過ごしてもらいたいです。



今日は、重い内容になっちゃったけど、ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。


3.JPG



ニックネーム あきんこ at 23:34| Comment(14) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

こんなに元気になりました?

狂ったロビンをご覧ください顔(イヒヒ)





止まってるワンダーボールにはなぜか狂ったように暴れるロビンなのでしたBad

ステロイドの量が多いときは、やっぱりちょっと鬱っぽいところもあったけど、
最近ではおもちゃにも反応するし、いたずらも盛んです顔(汗)
嬉しいことだけどねわーい(嬉しい顔)


003.gif


ちなみに今の薬は。。。

免疫抑制剤は錠剤では割り切れないぐらいの少量なので、粉になりました。
それを1日1回。
ステロイドは1/2錠を2日に1回。
ステロイドは1/4錠に減ったのかと思っていたけど、あたしの勘違いでしたあせあせ(飛び散る汗)
それと、肝臓の薬1/2錠を1日2回。

先生の話だと、教科書的にはステロイド1/2錠を2日に1回はアレルギーの子も
服用する量で、長期に投与しても大丈夫な量だとか・・・
そこから、もう1段階落とした1/4錠を2日に1回が今のところの最終目標です。

目薬はしばらく続きそうだけど、今週から胃薬がなくなりました。

調子よく薬が減量されていって、今のところ問題もなく過ごせています。
最初は気功の効果も大きいと思っていましたが(ちなみに、今は気功はしていません)、
もしかしたら脳幹活性ペンダント「イフ」も効いてるのかなぁ?
非科学的なことはなんとも言えないけど、すべてがいい方向に効いてくれたと
信じてます顔(ペロッ)
ニックネーム あきんこ at 21:50| Comment(10) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

病院Day

週1病院の日です病院

先週行ったときに、目薬はなくなったらやめましょうということだったんだけど、
やっぱりさしていないと右目が真っ赤ー(長音記号1)
やっぱり目薬再開ですもうやだ〜(悲しい顔)
まだ脳に炎症があるのかなぁ?
そこが心配なところ。
先生の話では、もしかしたら目薬はやめられないかもってあせあせ(飛び散る汗)


ちょっと心配ではあるのだけど、行動は元気そのもの。
ステロイドが減って鬱っぽい感じもほとんどとれて、いたずらも
バンバン再開です顔(汗)

ということで、今日は免疫抑制剤が半分に減りました。


先週検査した肝臓の数値が薬のせいだとは言え、あまりに桁違いなのに
びっくりしたので、肝臓を保護するために肝臓にいいハーブを利用
してみることにしました四葉

ハーブティー.JPG


アーティチョークとレッドクローバーはハーブティーしか見つけられなかったけど、
違う形態のもあるのかな?
でも、とりあえずお茶にして飲ませることにしました喫茶店

意外にも普通に飲んでます顔(イヒヒ)
レッドクローバーは飲んでみたけど、普通に緑茶ぽい味でした。


写真撮影を終えようとすると。。。


!.jpg

ハーブティーなのに顔(汗)
袋に入ってるからウマウマだと思ったんだよね〜顔(イヒヒ)
ニックネーム あきんこ at 21:40| Comment(8) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

血液検査

今日は病院病院の日です。

薬を飲み始めてから1ヶ月ちょっと経過し、体調も落ち着いてきているので
再び血液検査をしてきました注射


検査結果.JPG


先生の予想通り、肝臓の数値がものすごいですふらふら

ALT 肝酵素(細胞質内) 267    基準値17〜78
ALP 胆嚢 肝機能    1048         47〜254
GGT 胆嚢 肝機能    69           5〜14 
  

他には若干赤血球の数値が落ちていて貧血の要素があるということでした。
免疫抑制剤の影響かもしれないということと、本犬が元気なので、
大きな問題ではなさそうです。

ステロイドの影響とは言え、数字で見るとやっぱり気になっちゃうね。
白血球もまだまだ多く3万台という数字だけど、病気になってから過去に
2回やっている検査の数値と比べると、少しずつだけど減ってきては
いるみたいです。
ホントは1万台ぐらいの数値がいいみたいだけどバッド(下向き矢印)


今日からまた薬が減量になりました。
今まで1日2回飲んでいた、ステロイド、免疫抑制剤が1日1回になりました。
ステロイドの量が大分少ないらしいので、今回はちょっと気をつけて
様子を見てて、ということでした。
抗生物質も減り、胃液を押さえる薬(?)がなくなり、代わりに肝臓の
薬が追加になりましたくすり


ステロイドが減って問題がでなければ、来週は免疫抑制剤が減量になるようです。
そうやって、ステロイドと免疫抑制剤を交互に限界まで減らしていくのが
目下の目標らしいです。

このまま調子よく減量できるといいけど、薬が減って代わりにあたしの
ドキドキが増えてますたらーっ(汗)




    



ニックネーム あきんこ at 21:24| Comment(10) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

病院Day

日曜日から目が赤かったロビン。
月曜の朝に病院病院へ行き、1種類に減った目薬を再び3種類へ
増やすことに。

もしかして、脳の方の影響かもしれないから、ふらつきなどがないか
よく見ててくださいと言い渡されて帰って来た父。


最初に症状が出たときも目だったので、あたしももしやまた・・・
という心配から目が赤くなってからのロビンを注意して見ていたけど、
ふらつく様子はなさそうダッシュ(走り出すさま)

淋しげ.JPG


そして、今日もう一度様子を見せにきてくださいということだったので、
またまた父に病院病院に行ってもらいました。

結果は、ステロイドが減ったことの影響ではなさそうとのことグッド(上向き矢印)
ふぅ。。。一安心わーい(嬉しい顔)

淋しげ2.JPG


今週は明後日も病院病院に行かなきゃだから、週に3回も行くんじゃ
疲れちゃうね〜。

追記
ニックネーム あきんこ at 22:26| Comment(13) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

病院Day

今日は週に1回の病院病院の日。


この1週間も何事もなく過ごせましたわーい(嬉しい顔)
目の方も目薬が変わってから調子がいいようですグッド(上向き矢印)


ステロイドもさらに減量してみようということになりましたが、
1日1回に減らすのは心配なので、2回のままで1回あたりの量が
減りました。

と言っても、ステロイドの量はまだまだ多いみたいです。
普通、アレルギーの子が飲む量は炎症を抑えるぐらいの少ない量
らしいのですが、それをもっともっと増やしていくと、ステロイドにも
免疫を抑制する効果があるらしいのです。

ロビンの飲んでいる量は、その免疫を抑制する量ですあせあせ(飛び散る汗)
免疫抑制剤も飲み始めて2週間なので、効果も現れてきていると
思うということで、それに合わせてステロイドも減らしていく予定です。

今はステロイドの量が多いので、抗生物質や胃薬なども飲んでいるのですが、
ステロイドが減れば、そういった薬も必要なくなるとか・・・

まだまだ先は長いですけど、気長に頑張りますパンチ

丸太ん棒.JPG


ニックネーム あきんこ at 22:37| Comment(5) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

今日は病院

今日は1週間に1回の病院の日病院

ステロイドの量を調節していくので、しばらくは週に1度通院が必要なのです顔(え〜ん)

目もまだ赤いんだけど、角膜が傷ついてしまっているのと脳の状態にも
よるらしいんだけど、1〜2ヶ月ぐらいは治るのにかかるみたいたらーっ(汗)

今は朝晩の飲み薬+目薬(3種類)をもらっているのだけど、これで
1万円弱の治療費爆弾(約1週間分)
ママはまだまだ頑張らないとです顔(え〜ん)

気になるしこりだけど、最初に見つけたときはぷっくりしてたたように
感じたけど、なんか小さくなってる?
先生が触診しても、いまいち場所が特定できず、ここかな?というところを
診てもらったけど、特に問題はなさそうグッド(上向き矢印)
肋骨の軟骨かもしれないということだけど、一応経過観察で。

今週あたりは、病気をする前と全然変わらないぐらい元気なロビン。
本当にみなさんの応援があったから、ここまで元気になれたんだと
思います犬(笑)

今日からまたステロイドを減量したので、明日から少し様子見です。


そんなロビンは、今日の午後お留守番をしていたので、ご褒美で
ガムをもらいましたるんるん

ガムを食す.JPG


でも、このあとロビンに悲劇が・・・犬(泣)


ガムをくわえたままウッドデッキに出てきたロビン。
ガムをクチャクチャしていると、デッキのすき間からガムが下にがく〜(落胆した顔)

すき間.jpg


まさか、こんなことが起きるとは思っていなかったからカメラが間に合わずふらふら
この後のロビンの悲しそうな顔といったら・・・顔(イヒヒ)

デッキのすき間に鼻を入れるぐらいの勢いでにおいを嗅いでるし、
しまいにはデッキのすき間を片手で掘り掘りしてみたりあせあせ(飛び散る汗)

落ちた場所が端っこに近かったので、拾ってあげましたが・・・

このあと、弟が仕事から帰ってきたので、デッキに出てきたロビン。

おかえり.JPG

ガムはくわえているんだけど、絶対にクチャクチャしないのですたらーっ(汗)

クチャクチャするときは
   
   下

ウマウマです.JPG

窓際まで戻って噛むのでした顔(イヒヒ)



ニックネーム あきんこ at 21:32| Comment(10) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

心配ごとがまたひとつ・・・

ご心配していただいているロビンですが、今日はとっても調子が
よかったみたいですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今週に入ってから、家の目の前の公園に気分転換に外出して、
フンとおしっこをして帰ってくるロビンですが、
今日は少し歩いた犬(足)みたいですわーい(嬉しい顔)

昨日は1日寝て過ごしてたし、家の中で歩く姿もトボトボしてたらしいけど、
今日は朝からあちこちウロウロしてたみたい顔(イヒヒ)


今週は気功が1日おきなんだけど、もしかして、それが関係してるのかな〜?
信じてるあたしです顔(ペロッ)


ロビンが回復し始めてから、色々ハーブも買ってみたのですが、
昨日はネコ娘さんのところの目にいいハーブとKitchen Dog!さんから
買った肝臓にいいハーブが届きましたるんるん

目にいいよ.JPG

肝臓にいいよ.JPG



そして、今日はリン友のち〜ぼ〜さんからもたくさんのハーブが
届きましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ハーブ.JPG


ありがとう.JPG



少し元気になってきたロビンですが、今日、また心配事がひとつ
見つかりましたもうやだ〜(悲しい顔)

肋骨の一番下のあたりにしこりがあります。
なんだろう?
気になるけど、明日は病院の休診日・・・

腫瘍だったらどうしよう顔(え〜ん)

なんでもないといいけどなぁたらーっ(汗)
ニックネーム あきんこ at 22:25| Comment(10) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

一進一退

今日は朝は曇ってたけど、午前中から晴れてきて気持ちのいい日和。
段々お散歩日和も多くなってくるんだろうけど、我が家の王子は
いつになったらお散歩に行けるかな〜。
外に出しても全然歩こうとしないので、本犬に歩く気が出てくるまでは
無理しないようにね。


今朝は、食欲のないロビン。
ごはんを少し残したので、ヨーグルトをかけてあげたら完食エサ
そのあと、一度ゲートをまたぐときに後ろ足が滑ったような・・・
ちょっと嫌な予感。
でも、そのあとは観察していたけど、何もなく・・・

ステロイドの影響で喉が渇くので、お水もよく飲むからおしっこもたくさんふらふら
ペットシーツが1週間もたなそうなので、買い物ついでに母と外出。
すると途中で父から携帯電話が・・・

ロビンがフラフラして吐いたということで、慌てて家へ帰る車(セダン)

急いで病院に連れて行き、ステロイドと吐き気止めの注射注射あせあせ(飛び散る汗)
結局ステロイド増量になりましたもうやだ〜(悲しい顔)
先生は、ステロイドはなるべく早く減らしていきたいから・・ということで
今日から免疫抑制剤も飲むことに。

気功も一時よくなったから、2日ぐらいお休みしていたんだけど、
そうしたらいきなりこんな感じなので、また再開しようかな。


調子悪いね.JPG

夕方までは元気だったけど、それ以降は家の中であたしを追いかけることもなく、
こんな感じバッド(下向き矢印)
とりあえず、クレートのマットの下には『気のカード』が敷いてあります。
調子悪いときとか、カードの上に乗りたがる子が多いとか・・・
そんな影響かな?

心配だな〜顔(え〜ん)






ニックネーム あきんこ at 18:13| Comment(8) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

記録

こんにちは。


今日病院に行って、点滴用のチューブをはずしてもらい、日常生活は
もう普通に送っていいということになりました。
ただ、これからステロイドを減量していくので、そのときに症状がでないか
どうかをみていくことになります。


目の方もまだ少し曇ってますが、昨日から今日にかけて大分膜が張った感じが
なくなってきましたグッド(上向き矢印)
目薬は2時間おきぐらいにさすんだけど、もしかして『イフ』も効いてるのかなぁ?


まったり


※*・・・・・・・・・・*※*・・・・・・・・・・*※※*・・・・・・・・・・*※*・・・・・・・・・・*※


ここからは、何かのお役に立てるかもしれないので、忘れないうちに
病気の記録として残しておきます。


8月14日   
朝右目が少し赤い
1日おでかけ

8月15日 
朝起きると両目が真っ赤
午前中に病院へ行き、検査
眼圧、角膜、涙の量などとくに問題なし
結膜炎という診断

午後、1回後ろ足がふらつく
その後しばらくして嘔吐(異物混入)
その後も胃の内容物がなくなっても胃液を吐く
ヘルニアを疑って再び病院へ

触診、レントゲン撮影等行うが、異常は認められず
股関節には少しの変形が認められるが、今回のことには関係ないとのこと
原因がわからず様子をみることに

家に戻り、17時頃嘔吐
食欲がなくごはんを食べない
その後も夜中から朝にかけて3回嘔吐
夜から左側にクルクル回る旋回の症状がでて、まっすぐ歩けない

8月16日    
朝一で病院へ
明らかに様子がおかしいということで、血液検査を行う      
MRIの説明を受け、そのまま病院におあずけ
この時点で首は左側を向いたまま
       
ステロイドの点滴の予定だが、白血球が異常に増殖しているので、
ステロイドは見送ることに
ジステンパーの疑いもあるので、外注の検査に出すことに
予約が取れればすぐにMRIを撮ることになる

午後に撮影できるということで、都内のMRI撮影のセンターへ
首は180度後ろ向きのまま
小脳がだいぶ腫れているので髄液がとれず、髄液の検査はできず
MRIの結果、肉芽腫性髄膜脳炎の疑い
 
かかりつけの病院に戻り、入院
身体が硬直していて手足が突っ張った状態 
てんかんの発作? 
右目に膜が張った状態 角膜炎とのこと      
ステロイド、脳圧を下げる薬の点滴を始める

入院中、0時頃先生が確認すると、平衡感覚がとれないため、
ケージの中でひっくり返っている状態         
深夜2時頃 ケージの中で丸くなっていたので、少し回復?

8月17日
夜にお迎えに行く
食事はほとんどとれず
首は左を向いたまま
平衡感覚はまだとれないので立つことはできず
横になってもケージなどよりかかるものが必要
夜に下痢、嘔吐あり

8月18日
今日から通院点滴へ
療法食を注射器に入れて、口にいれると少し食べるように
首はまだ左を向いているがヨタヨタしながらも歩くことも

8月19日 
病院での朝ごはんはペロリと食べた
しかし、その後は食べないので、再び注射器で口へ
夜もあまり食欲ない
首は大分戻ってきた
少し左に傾くが歩けるようになる

8月20日
病院は休診日だが、先生があずかってくれる
食欲は普通に戻る 
夜迎えに行くと、あたしの声を聞き「ワンワン」と吠える
首もまっすぐになり、ヨタヨタせずに歩行できるように
ジステンパーの検査の結果、ジステンパーの可能性は低い
家では1時間おきに目薬

8月21日 
食欲がでてきたので、今日から飲み薬に変更
病院も1日お休みすることに
とくに変わったことなし

8月22日
血液検査
白血球の数値はまだ高いがステロイドの影響もありとのこと
肝臓や他の数値は正常値
今日から少しずつステロイドを減量
目の曇りが少しとれてくる

        
       
       
 
ニックネーム あきんこ at 19:00| Comment(3) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

今日のロビン

こんばんは、今日の報告です。
お返事が遅れていますが、時間のとれるときに書きますので、しばらく
お待ちください。


今日のロビンは、朝ごはんに病院からもらってる療法食を少し食べました。
今日は、本当は休診日なんだけど、先生が預かってくれました。
先生にはいろいろよくしていただいてますグッド(上向き矢印)


夜お迎えに行くと・・・

受付で先生と先に会計を済ませようと話していると、奥から
『ワンワンワンワンどんっ(衝撃)』と吠える声がexclamation
なんと、あたしの声を聞いて吠えてますexclamation×2

先生が『今日は朝からずっとこんな調子なんだよね〜』と。
先生のお子さん(赤ちゃん)が来ても吠えたりしてたとかふらふら
点滴も嫌々をするようになったらしい顔(汗)
朝ごはんもペロッと食べたそうで、今日は療法食を1缶食べたそうですグッド(上向き矢印)

今日のロビンは病気をする前のロビンとなんら変わらない感じです犬(笑)
でも、一番最初に症状の出た目に関しては、まだあまりよくなってきていませんふらふら

角膜炎.JPG


ステロイドの方は5日から1週間ぐらいは普通はかかるものだけど、
昨日今日で随分回復したね、と先生もおっしゃってましたグッド(上向き矢印)
気功が効いてるのかなexclamation&question


そして、気功をお願いしている気功院から「気のカード」も届きました。

気のカード.JPG

このカードに気が入っているので、身体をなでてあげたり、ベッドの下に
入れてあげるといいそうですひらめき


そしてもうひとつ・・・
半信半疑だけど、これでよくなるんだったらと思ってこんなものまで購入。

イフ.JPG

脳幹活性ペンダント『イフ』です。


ペンダントの中に幅1mm、厚さ0.1mmの金属製情報チップが埋め込まれていて、
これが脳幹と共鳴する理想的な波動を発しているそうです。

ちょっとお高いんだけど、ロビンのために奮発しちゃいましたふらふら
これこそ、藁をもすがる思いですねたらーっ(汗)

つけてみました.JPG


今日はごはんもしっかり食べれたので、明日の病院はお休みです。
明日は家で飲み薬で様子をみて、明後日病院に行くことになってます。


先生はいつも色々調べてくださっているのですが、今後の治療法の話の
ときに、ロビンのように単発でそこだけの炎症の場合、放射線治療が
かなり効果があるという報告もあるらしいのです。
ただ、それはアメリカでの報告で、日本の大学の症例としては数は少ないと思うよ、
とのことです。
今のところ、放射線がステロイドや抗癌剤よりも一番効果が高いらしいのですが、
それこそ、MRIも比じゃないぐらいの料金らしいですあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、それは、こういう治療もあるよということで頭においておけば
いいよって感じらしいですがたらーっ(汗)
ステロイドを減らしていって、なにも問題がなければ、当然そんなことも
必要ないわけですが・・・

この先は、ステロイドを減量しつつ、免疫抑制剤を使用していくみたいです。
ステロイドが減ってもなにもないことを願うばかりです。



ニックネーム あきんこ at 23:00| Comment(8) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

今日のロビン

みなさん、こんばんは。

今日のロビンですが、相変わらずごはんは食べないバッド(下向き矢印)
気功の先生のお話では、気のエネルギーは送ってるので、
多少食べなくてもビタミンなどの栄養素がとれていれば大丈夫との
ことみたいですが・・・
もちろん、栄養素は点滴でも入れてもらってます。


そして、今朝は少し歩けるぐらいに回復してきましたグッド(上向き矢印)
おしっこも今までどおりのカッコでできましたClap

病院では朝ごはんはペロリと食べたそうですエサグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
でも、そのあとはやっぱり食べなくて、先生が注射器であげたそうだけどふらふら

でも、お迎えに行った帰りの車(セダン)のドライブキャリーの中では
キャリーの淵に手をかけて立ち上がってるexclamation


家に帰ってきても、やっぱりごはんは食べないけど、ヨーグルトを
あげてみたら、ペロリと食べましたわーい(嬉しい顔)Good

先生は、「普段手作り食を食べてる子は、こういうときドッグフード
食べないんだよねぇ。。家で普通にごはんあげてみて」というので
用意はしてるんだけど・・・



もしかして、普段のごはんがまずいのかexclamation&question




そして、夜のロビンは・・・






なんと、こんなに歩けるまで回復しましたもうやだ〜(悲しい顔)


ステロイドが効いているのか、気功が効いているのか・・・
あたし的には気功もかなり効いてるんじゃないかなーと思ってますが顔(ペロッ)


みなさんからの励ましの言葉は本当にありがたくいつも読ませていただいてます。
きっと、応援の気持ちがロビンにも届いているのだと思ってます。
本当にありがとうございますグッド(上向き矢印)



ニックネーム あきんこ at 21:53| Comment(20) | 脳炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする